工学部第二部(夜間部) 社会人課程

工学部第二部(夜間部) 社会人課程

資料請求はこちら

従業員実践力向上させたい企業経営者方へ

企業研修(1ヵ月程度)として活用したい

モジュールのご案内

特定技術分野(機械・電気電子・情報)の3つのテーマについて、1テーマ5回ずつ、計15回(5回×3テーマ)を一つのモジュールとして開講します。
受講生は企業人特別聴講生として授業を聴講し、一定の基準をクリアした方には、修了書を授与します。

従業員に約半年で専門分野を学修させたい

科目等履修生制度

本学には、社会人などに対し学習の機会を拡充することなどを目的として、学びたい科目を1科目単位で履修することができる「科目等履修生制度」があります。
正規の学生として入学することなく、科目等履修生制度を利用して、社会人課程(実践知重点課程)の特定の科目を選んで履修することができます (その他の一般科目も履修可能)。ものづくりの現場で役立ち、興味のある自分に合った科目を1科目から学べます。
成績評価が合格に達した場合は正式に単位を取得することができます。

従業員に1年程度で実践力を修得させたい

実践知プログラム(履修証明制度)履修証明制度とは

最低1年間の学修で身につく“実践知”でエンジニアは変わります。
また、「実践知プログラム」開講科目8科目のうち6科目を修得することで、
文部科学省推奨の履修証明制度により「履修証明書」が交付されます。

  • CHANCE1
    結果だけでなくプロセスまでも学べ、全体の流れや設計時のポイントがわかる!
  • CHANCE2
    技術のことだけでなく、プレゼンテーションスキルが身につく!
  • CHANCE3
    座学だけでなく、グループワークによって経験・背景を共有し、多様な考え方を学べる!
  • CHANCE4
    いまさら人には聞けない、技術に関する基礎をしっかりと学べる!

※先ずは1科目のみのお試し受講の機会も設けています。(科目等履修制度参照)

高校卒の従業員を大学卒業させたい

東京電機大学社会人課程(実践知重点課程)

「働きながら学びたい人」を応援するため、企業などに勤務する社会人を対象にした夜間、土曜の授業の履修により卒業ができる課程です。
社会人学生の方の目標やライフスタイルに合わせて、フレキシブルかつ効率的な学びを 実現することができます。
学びの特長を生かし、芽生えた探究心をさらに伸ばして、より 有意義なキャンパスライフを実現してください。

よくあるご質問

最新情報

実践知トピックス

工学を学ぶチャンス(年間スケジュール)

2018 2019
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月
社会人課程
(実践知重点課程)
入試・入学
手続き
前期授業
4/9~7/28
  後期授業
9/10~1/21

フォーラム開催

実践知プログラム   前期
受付

3/5~3/16
前期授業
4/9~7/28
後期
受付

8/22~8/27
後期授業
9/10~1/21
モジュール   受付
9/26~10/5
機械モジュール
10/19~11/30
 
実践知セミナー   受付
開始
Part Ⅰ
6/9・16・23・30
7/7
  受付
開始
Part Ⅱ
10/6・20 11/10・24
12/8・22