工学部第二部(夜間部) 社会人課程

工学部第二部(夜間部) 社会人課程

資料請求はこちら

実践知プログラム(履修証明制度)

プログラムの特長

  • POINT1
    ものづくりの開発・設計、製品の安全・安心、技術やアイデアのプレゼンなど、ストーリー性を持たせたプログラム
  • POINT2
    電気電子、機械、情報、建築など、専門分野横断型の科目構成
  • POINT3
    技術者に必要な表現技術や、プレゼンテーション技術、英語表現など、技術者のためのスキル・キャリアアップ

「実践知プログラム」として開講される8科目 (180時間)のうち、6科目 (135時間)を修得することで
履修証明制度により「履修証明書」が交付されます。

履修証明制度とは

平成19年度の学校教育法改正により、大学等における「履修証明制度」が創設されました。 これは、学生を対象とした学位プログラムの他に、社会人等を対象とした120時間以上の学習プログラム(履修証明プログラム)を提供し、修得した者に履修証明書を発行する制度です。
履修証明制度には、以下の3点の特長があります。

  • (1)大学の学位に比べ、より短期間に修得することが可能
  • (2)再就職やキャリアアップに役立つ社会人向けの教育プログラム
  • (3)プログラム修了者には、学校教育法に基づき履修証明書を交付

履修証明制度に関する文部科学省WEBページ

職業実践力育成プログラム(BP)認定

 東京電機大学の運営する実践知プログラムについては、文部科学省の「職業実践力育成プログラム」(BP)の認定を受けております。
 職業実践力育成プログラムとは、教育再生実行会議の提言を受けて大学等におけるプログラムの受講を通じ社会人の職業に必要な能力の向上を目的に、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを文部科学大臣が認定するものです。

職業実践力育成プログラム(BP)認定制度に関する文部科学省WEBページ

前ページへ戻る