工学部第二部(夜間部) 社会人課程

工学部第二部(夜間部) 社会人課程

資料請求はこちら

実践知トピックス

【吉田俊哉工学部第二部長】実践知プログラム担当教員からのメッセージ その1

2020.4.23

【吉田俊哉先生からのメッセージ】

先ずはご健康であることをお祈りし,ご自身の安全の確保を優先して頂きますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルスの猛威により全世界の人々が多大な制約を受けておりますが,皆さまはいかがお過ごしでしょうか。学びの環境が提供できず皆様にはご迷惑をおかけしております。現在の情勢が続く場合,57日からインターネットを活用した学びが開始されることになります。ご不便をおかけいたしますが,ご理解いただきたく存じます。

出勤を余儀なくされている方もおられるでしょうが,テレワークで悪戦苦闘されている方が多数おられると想像しております。小職も極力テレワークで業務に従事しており,近頃はインターネットを介した会議に大分慣れてきました。しかしテレワークではできない業務も多数あり不自由を感じることも少なくありません。その一方,今までと同じようにはできないという開き直る心も成長しております。さらに,今までと同じことをしなくても良いと考えるようになり,既存の方法にとらわれる必要がない,ある意味自由度が高い環境になったと思うようになってきました。

この環境下では,失敗を恐れず,アイデアを絞り出して新たな方法で物事に取り組める人は大きく成長できると思います。反面,既存の方法にこだわり,業務を停滞させてしまう人は退行してしまうかもしれません。新型コロナウイルスが収束する頃には大きな差がついている可能性があります。新しい価値観が生まれ,時代遅れの人になってしまう可能性もあります。

非常事態につき多少の失敗が許されるとするならば,今は飛躍するためのチャンスかもしれません。

発想を変えて新しいことに挑戦してはいかがでしょうか。

戻る